気になる女性 へのアプローチは必ずした方が良い理由【モテ男の理論】

 

「同じ学校のあの子すごく可愛いけど、声なんてかけられないな。」

「インスタは繋がってるけど、実際に話したことがないから話したいな。」

 

このような疑問に答えたいと思います。
 
 
記事の内容

 
・ 気になる女性 にアプローチした方が良い理由3選
 
・他人の目は気にしない
 
・そこで嘘をつく必要は無い
 

 

 

気になる女性にアプローチした方が良い理由3選

 

 

気になる女性にアプローチにはアプローチした方が絶対良いです。

その理由を紹介していきます。

 

 

1.何も始まらない

 

アプローチしないと何も始まりません。

多分こういう言葉は聞き飽きたと思うので短めに行きます。笑

 

もちろん気になる女性の方からアプローチしてきてくれることもありますが、それはごく稀です。
なので男性側から行くのが筋です。

そして早く行かないと、他の男性に取られてしまいます。

 

後でもいいや。という考えはなしです。その女性は今しかいません。明日は別のところに行くかもしれないので、早めに行きましょう。

 

 

2.後に花を咲かせる可能性大

 

アプローチをしても相当変な事をしない限り、嫌な思いはしません。

なので相手からしたら、何も言わないよりは、言ってくれた人の方が印象に残ります。

 

例えば、5年後に、女性側が「ああ。良い人いないかな。」となった時に、何もしなかった人は思い出されませんが、アプローチをした人は印象に残っていて、しかも良い思い出なのでかなりの確率で思い出します。

 

そうなった時に、誘われやすくなりますし、こちらから誘って、来てくれる確率もグンと上がります。

 

今は男性に困ってない。なんていう女性は少なくないので今は断られても、印象に残しておくことはとても大事です。

 

 

3.歳を取ればとるほど可能性は低くなる

 

人間は、今この瞬間が1番若い時期です。

女性からしても若い人の方が良いと思うのは当然ですよね。

 

アプローチする全盛期は今なんです。

今は相手も好意を持っててくれても、明日には老けて相手から対象外になってしまうかもしれません。
これはふざけている訳ではなくて、本当に有り得る話です。

 

いつでもいいや。と思っているから、いつまで経ってもアプローチができず、女性が居なくなってしまいます。

 

 

他人の目は気にしない

 

 
女性へとグイグイアプローチすると、男性からも女性からも変な目でみられますよね。

 

ですが、結局は1週間後は誰も覚えてやいません。

1週間後忘れていなければ、一ヶ月後には確実に忘れてます。

 

なので、気になる女性へのアプローチはしないと損です。

 

日本人はかなり奥手ですよね。自分が出来ないから変な目で見てマウントを取っているだけです。

 

そんな人を気にしていたら、時間がもったいないです。

 

 

そこで嘘をつく必要は無い

 

 
「気になる女性へ別にアプローチしたくない。」という人はそれでいいのですが、

 

「少しでもデート行きたいな。」

とか

「話したいな。」

とか

「LINE欲しいな。」

 

と思う人は、アプローチしないのは嘘をついていることになります。

そこで格好つけて嘘をつく必要は何もありません。

 

多くの人が、話したくても話せていないと思います。

 

なので、

「綺麗なのでお話したかったです。」

と素直に言えば、

女性からは中々そういうことは言えないし、他の男性もなかなか言ってこないので、女性からの好感度はupです。

 

 

最後に

 

アプローチはやり方が間違っていても、言うことに意味があります。
日本の男性はアプローチをグイグイすることに抵抗があるので、その中でグイグイいくことができれば、かなり成功率アップだと思います。

 

まずは手頃に試せるオンラインからスタートしてみましょう。

そこから実践に移していくのもありだと思います。

>>オンライン婚活パーティー【ナレソメ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です