行動 によって失敗するのが怖い場合の対処法とは?

 

『行動力をつけるには、"とりあえず行動しろ!"みたいなことを本で読んだからさっそく 行動 するか。』

『だけど本当に見切り発車で良いのか。』

 

 

"とりあえず行動!"

 

 

ビジネス本をよく読む人には馴染み深いフレーズだと思います。

 

ですが実際は"とりあえず行動!"だけではよくありません。

ではどうすれば良いのか?

 

 

考えてから行動することも大事

 

 

この記事を書いている僕はかなり行動力がある方だと思います。

このブログも行動力から始めました。

 

そんな僕が解説していきます。

 

それではいってみましょう!

 

 

もくじ

 

 

考えてから行動しないと効率が悪い場合がある

 

 

"とりあえず行動する"これは行動力をつけるにおいて非常に重要なことです。

 

しかし、闇雲に行動をしているだけでは大きな壁にぶつかり

『やば、わりと取り返しつかないことしちゃった』

なんてことになってしまうこともあります。

 

そうならないために、"考えてから行動する"が重要になってきます。

 

では、考えてから行動すべきこととは何か?

それは下記の通り。

   

・レッドオーシャンの事をやる場合

・金銭的な損が大きく生じる場合

   

1つずつ解説します。

 

 

レッドオーシャンの事をやる場合

 

例えば、今でいうYouTubeです。

 

YouTubeは先行優位がすごく効く市場です。

なのでこれだけYouTubeが認知されてしまっている今は、もうレッドオーシャンです、

 

こういう時は闇雲に動画を上げたり、毎日コツコツやるだけでは少しきついです。

 

 

金銭的な損が大きく生じる場合

 

例えば、投資です。

 

少額で生活に影響が出ない金額なら経験のためにもすぐ行動でも良いのですが、大きく自分を変えようとする時は考えてから行動しないと、わりと大変なことになる場合があります。

 

これらは見切り発車でやり始めるより、考えてからやり始めた方が良いです。

 

 

とりあえず行動は根本的には大事

 

 

とはいっても、とりあえず行動することは根本的には大事です。

 

よくビジネス本に書いてある"とりあえず行動!"の本質は

 

 

"そのやりたいことに対して動くこと"

だと思います。

 

 

例えば

 

・投資がしたい

A.すぐ行動しろ!

 

これは投資のために勉強をするという行動をしろ!

ということなんだと思います。

 

なので"投資を今すぐやれ!"ということでは無いと思います。

 

 

つまり、とりあえず行動する事は2つパターンがあります。

それが下記の通り。

   

・やりたいことをとりあえず始めること

・やりたいことの勉強をとりあえず始めること

   

本で読んで"とりあえず行動しろ!"というのを鵜呑みにし"やりたいことをとりあえず始めること"だけだと勘違いしてはいけません。

 

中にはやりながら習得した方が良いこともありますが、基本としてやりたいことの勉強をしてから、いざやりたいことをやる方が得策です。

 

 

ただ先程紹介した

   

・レッドオーシャンの事をやる場合

・金銭的な損が大きく生じる場合

   

これらは特に知識を得てからやらないと取り返しのつかない失敗をする場合があるので、要注意です。

 

 

行動力は何においても大事

 

 

行動力は生きる上で非常に重要になります。

 

タスクをこなす時も早めに終わらせた方が心にゆとりが出来ますし、行動してる方が間違いなく人生が充実します。

 

行動力をつけるには、今回紹介した行動には2つのパターンがあることを知ること、あとは実際に行動して見るということ、つまり行動することに慣れるに限ると思います。

 

なのでこの記事を読んでくれた方は、あとは実際に行動するだけですね。

動いてみると『案外楽勝じゃん!』と思えるのでぜひ騙されたと思ってやってみて下さい。

 

 

 

みんなで頑張りましょう。

終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です