【 ブログ 初心者】記事がどうしても書けない時の対処法

 

「 ブログ の書く内容は決まったけど中々書けないな、、、」

 

そんなことを思いつつも工夫の仕方が分からず毎日が過ぎ去っていく。

ブログが書けないことは誰にでもあります。特に初心者の方にはかなり難易度は高いです。

 

そこで今回は、ブログを上手く書く方法を書いていこうと思います。

 

 

結論すごく簡単。

 

徹底的にパクろう

 

 

この記事を書いている僕は、ブログ歴半年の大学生。

よかったら参考にしてください。

 

それではいきましょう!

 

 

もくじ

 

 

記事が書けない理由

 

 

これは2つあります。

 

・慣れていない

・コツを掴んでいない

 

1つずつ解説していきます。

 

 

慣れていない

 

人は慣れるという素晴らしい能力を持っています。

 

最初から自転車に乗れる子供は少ないですよね。

毎日無邪気に練習して段々自転車の感覚に慣れてきます。

そうするとやっと自転車に乗れるようになります。

 

こんな感じで、記事を書くのも最初からできる人はかなりのセンスの持ち主です。

 

毎日出来なくてもやっていればそのうち慣れて、書けるようになってきます。

 

記事を書くのは8割が慣れといっても過言では無いです。

慣れないうちに辞める人が多いですが、慣れてからがスタートですよ。

 

 

コツを掴んでいない

 

記事を書くのはコツを掴めばめちゃくちゃ書けるようになります。

「コツって難しいんでしょ。」と思う方いると思いますが全くそんなことありません。

 

むしろ簡単すぎて魔法かと思います。

 

さぁそのコツですが次の項目で紹介します。

 

 

憧れの人になりきる

 

 

あなたには憧れの人はいますか?

 

憧れの人がいれば、その人に徹底的になりきってみてください。

 

行動から喋り方まで全部です。

 

今はその憧れの人自身が生活スタイルを公表していたり、その人の情報がインターネットで簡単に知ることができます。

その憧れの人になりきることでかなりその人に近づけ、自分がなりたいものに近づけます。

 

 

例えば僕が記事を書く時真似しているのはトップブロガーのマナブさんです。

マナブさんのブログ、YouTubeをかなり見てマナブさんの話し方や話の作り方を研究します。

そしてマナブさんになりきり、話し方、話の作り方などをイメージして記事を書いていきます。

 

言葉だけで聞くと「いやいや、そんなわけあるかい」

と思われますが、やってみると結構できるかなと。

 

僕は小学生の頃からずっと文章を書くのが苦手でした。大学に入ってからもレポートに苦しむことは多々ありました。

そしてブログを書き始めたころも500文字を無理やり書いている感じでした。

しかし、なりきることをやってからは500文字が限界だった僕が1500文字ぐらいは余裕で書けるようになりました。

 

 

完全なパクリにはならない

 

なりきることはもう1つすごい点があります。

 

それは、なりきっても傍から見ると何も分からないことです。

 

なりきると「うわ、真似してるじゃん」とか思われそうって言う人がいると思いますが、他人から見るとなりきってると思って話を聞いていませんし、文章の作り方の根底違うので真似をしてもあんまり分かりません。

 

 

僕がマナブさんの真似をしてるなんて思いませんよね?笑

そんな感じで結構真似してるつもりでも似てなかったりするので、自分だけなりきってしまえばokです。

 

周りなんて気にせず真似してください!

 

 

記事を書くのは難しくない

 

 

こんな感じで記事を書くのは、慣れとコツさえあれば余裕です。

 

この原理は何事でも使えます。

何やるにしても最初って一番大変じゃないですか。

アルバイトも入った最初と入ってから半年後では、半年後の方がそこの勝手もわかり色々覚えることも覚えているので楽ですよね。

 

慣れとコツであんぱいを勝ち取れます。

 

やらない人は、「どうせ難しい」「俺にはできない」

と言うと思います。

 

この記事を読んでくれた人にはそういう風に思って欲しくありません。

なので、今すぐ今回紹介したコツを試してください。

 

そしてあとは継続して慣れれば完璧です。

 

最高のブログライフを送りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です