【家賃激安】 区営住宅 のメリットとデメリット

 

家を借りるのってめちゃくちゃ高いですよね。

都内なら超安くても月6万円程。上限となると何百万という金額です。

 

そんな高すぎる家を月3万円程度で借りることができるところがあります。

 

 

それが 区営住宅 です。

 

他にも似たような都営住宅、市営住宅などがありますが、運営している場所が東京都なのか、市なのか区なのかの違いです。

 

今回は区が運営している区営住宅のメリットとデメリットについて書いていこうと思います。

 

 

もくじ

 

 

区営住宅のメリット

 

 

メリットは以下の通り。

 

・家賃が安い

・お金が貯まる

 

1つずつ解説していきます。

 

 

家賃が安い

 

区営住宅の家賃は相場自体がかなり低いです。

というのも区営住宅の家賃はその人の収入によって変わります。

 

例えば、

 

・ケース1・・・年間所得が170万円から200万円の人は、3Kで家賃2万5千円

・ケース2・・・年間所得が230万円から250万円の人は、3Kで家賃3万円

・ケース3・・・年間所得が251万円以上の人は、まず審査が通らない=区営住宅には住めない

 

こんなイメージです。

 

ケース1と2は同じ区営住宅でも各区ごとで家賃の決め方や相場に違いはありますが、これくらいの値段設定にしている区営住宅がほとんどです。

 

まぁぶっちゃけ区営住宅よりも安い家賃はないと言っても過言では無いと思います。

 

なんといっても東京でこれくらいの値段です。

 

ケース3は所得の上限が区ごとで決められているということです。

※ケースはあくまでも例えです。

 

 

お金が貯まる

 

これは家賃が安い事と相関関係ですが、お金が貯まります。

 

例えば、

 

ケース4(区営住宅)・・・年間所得が200万円の人は月所得が平均16万円。

3Kで家賃が2万5千円。

月に13.5万円残りますね。

ケース5(区営住宅ではない)・・・年間所得が260万円の人は月所得が平均21万円。区営住宅に審査が通らないので、

3Kで家賃が大体10万円。

月に11万円残りますね。

 

年間所得が50万円以上違うのにも関わらず、区営住宅と普通の住宅とでは月に残る金額が2万5千円区営住宅の方が多く残ります。

毎月2万5千円多いのはかなりやばいですよね。

 

 

区営住宅のデメリット

 

 

区営住宅のデメリットは以下の通り。

   

・綺麗ではないことが多い

・整備が整っていないことがある

   

1つずつ解説します。

 

 

綺麗ではないことが多い

 

もちろん安いからにはある程度の理由はあります。

 

その一例としてあまり綺麗ではないことが挙げられます。

 

区営住宅は安い分、10万円とかの家より見栄えや内装は劣ってしまいます。

 

ですが僕が知り合いの区営住宅に行った時そんなに汚さは感じませんでした。

ぶっちゃけ東京の家賃6万円の家くらいですね。

 

これもピンキリではあると思いますが、皆さんが想像するようなボロボロはほとんど無いと思います。

 

 

整備が整っていないことがある

 

実家に当たり前のようにあったものが区営住宅にはないことがあります。

 

それが下記の通り。

 

・換気扇

・お風呂の追いだき

   

1つずつ解説します。

 

 

換気扇

 

換気扇はないわけではありませんが、自分で買ってきて装着しなければいけない時があります。

 

そしてボタンでオンオフ、強弱するのではなく引っ張るタイプが主流です。

なので正直古臭い感じはします。

 

 

お風呂の追いだき

 

お風呂がぬるくなった時にボタン1つで暖かくなる追いだきも区営住宅にはついていないことがあります。

 

なのでぬるくなったらもう一度たき直しになります。

安い分これは仕方がないです。

 

 

結論/区営住宅はお得【抽選当たれば】

 

 

結論として、少しでも家賃を安く抑えたい人は区営住宅を応募するべきです。

ぶっちゃけこれだけ安いので1度は住んでみる価値はあると思います。

 

そして嫌だったらお金を貯めて、貯まったら引っ越す感じでも良いと思います。

 

しかし、抽選なのでそう簡単には住めないのでなるべく早いうちから応募して挑戦しとくのが上手い生き方だと思います。

 

 

 

終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です