MacBook のメリットとデメリット【買おうか迷ってる人必見】

 

今やパソコンよりもスマホが普及し、スマホからのインターネット接続も問題なく、スラスラ動く時代になりました。

 

しかし、そんな時代でもパソコンは消えず、日々新しく進化し、いまだに値段もかなり高めです。

 

そこまでくると、

「パソコンってそんなに凄いの?」

と気になってしまいますよね。

 

僕はその気になった一員で、先日 MacBook pro 13インチを購入しました。

 

そこで今回は、実際にMacBook pro 13インチを使ってみての、メリットとデメリットについて紹介したいと思います。

 

 

メリット

 

 

まずは良い方から見ていきましょう。

 

・学生や教員は安く買える

・使い方が簡単

・画面が大きくて見やすい

・画質が良い

・スマホだと重い作業が早い

 

 

学生や教員は安く買える

 

学生や教員は、Macの全モデルを安く買える、学生教員特別価格というものがあります。

最大2万1000円割引とかなりお買い得だと思います。

 

ちなみに僕もこれを利用しました。

2万1000円もあれば、ケースや備品なども変えてしまうので、学生や教員は利用することをオススメします。

 

 

使い方が簡単

 

MacBookはiPhone同様Appleの製品なので、かなりシンプルに作られています。

 

Windowsに比べると、直感的なので誰でも簡単に覚えることができると思います。

ましてやiPhoneを使っている人は、すぐにわかると思います。

 

 

画面が大きくて見やすい

 

スマホに比べて画面は大きいので、一画面での情報量はかなり多いです。

スマホでは、1つの画面で2つのサイトは出せないので、その辺のストレスはないです。

 

 

画質が良い

 

MacBookが届くまでは、電子機器の画質なんてなんでもいいや。と思っていましたが、届いて、パソコンを開いて画面を見たら驚きました。

 

iPhoneがかなり綺麗な方だと思っていたので、それを超える画質だったので感動しました。

画質にこだわりがない方でも、オススメ出来るレベルです。

 

 

スマホだと重い作業が早い

 

スマホでもある程度の作業は出来ますが、画像の読み込みや大きいファイルの読み込みは時間がかかってしまいます。

MacBookならかなり早く作業してくれます。

こういう所でさすがパソコンだなと思わされます。

 

 

デメリット

 

 

 

・在庫がないことが多い

・持ち運びが不便

・常にWiFiを入れなければいけない

・文字を打つのが大変

・細かい作業が大変

 

 

在庫がないことが多い

 

まず、Appleのサイトから注文して届くまで、早くても、2週間後くらいです。

そして、Apple Storeに行っても欲しい製品がある時はありますが、入荷待ちだったり、店員もいつ入ってくるのか分からない状態で、確実に欲しいならネットで買ってくださいと言われたくらいです。

 

1番最短で買えるのは、電気屋のネット注文です。結構在庫は取り揃えていて、Apple Storeから買いたい!というこだわりがない人はオススメです。

 

 

持ち運びが不便

 

MacBookは、大きく重さも結構あるので、持ち運ぶと疲れます。

 

スマホよりスペックは高いですが、動画編集など重いことをしないならば、持ち運ぶ必要なんでなく、スマホで十分です。

 

 

常にWiFiを入れなければならない

 

スマホとの大きな違いです。Wi-Fiがないとオンラインの作業はできないのは正直痛いです。

テザリングでもできますが、じゃぁそもそもスマホでいいやと思います。

 

パソコンはそういうものなのですが、そうなるとスマホの方がコンパクトで便利です。

 

 

文字を打つのが大変

 

キーボードで打つよりもスマホのフリックのほうが確実に早いです。

わかりやすく説明すると、 ”く” と打つときキーボードだと ”ku” と2回キーボードを打ちますが、フリックだ ”と” を上にやるだけです。

物理的にスマホの方が早いので、効率的です。

 

 

結論

 

 

ないよりはあった方が良いですが、動画編集やプログラミング、ブログをする人以外にはお勧めはしません。

 

結局使わなくなって『かれこれ3ヶ月電源入れてない。。。』という人もいますし、何より安い物じゃないので冷静に考えてから購入した方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です