【おすすめ】使いやすさ抜群!人気のある カーナビアプリ 8選

 

 

『車に付いているカーナビの情報が古い。』

『スマホの カーナビアプリ は便利らしいけど、どれが使いやすいんだろう?』

 

こういった疑問に答えていこうと思います。

 

 

今回のテーマ

【おすすめ】使いやすい人気カーナビアプリ〇選

 

もくじ

 

本記事の信憑性

この記事を書いている僕は、車を運転する時は必ずカーナビアプリを使って目的地まで向かいます。

免許を取ってから3年が経ちますが車載されているカーナビは数回しか使っとことがありません。

それくらいカーナビアプリを愛用しています。

 

この記事を読むことで得られること

自分に合ったカーナビを探すことができるので、車で目的地まで行く時に不安がかなり解消され、ストレスなく運転ができるようになるかなと思います。

まだカーナビアプリを使ったことがない方にも分かりやすく説明するので安心して読んでください。

 

 

それではいってみましょう!

 

 

使いやすい人気カーナビアプリ8選

 

 

『カーナビアプリを利用してみたいけど沢山あるし、どれが良いんだろう??』

 

このようにカーナビアプリに対して悩み込んでしまい、中々手を出せずにいる方は多いと思います。

 

 

というわけで使いやすい人気カーナビアプリを8選紹介します。

 

できればお金をかけたくないという方もいると思うので、無料のものと有料のもので分けて紹介していきます。

 

 

無料

・Yahoo!カーナビ

・Googleマップ

・損保ジャパンのカーナビ

 

有料

・ドライブサポーター(税込400円/月)

・カーナビタイム(税込600円/月)

・トラックカーナビ(税込840円/月)

・auカーナビ(税込550円/月)

・NAVIelite(税込490円/月)

 

1つずつ解説していきます。

 

 

Yahoo!カーナビ(無料)

 

 

Yahoo!カーナビは無料なのにすごくコスパが良いです。

 

 

メリット

・ナビが直感的でシンプルで見やすい

・基本的に3つのルート提案

・経由地を3つ選択できる

・駐車場の空き情報がわかる

・交通情報あり

 

デメリット

・検索の制度がやや低い

・充電の減りが早い

・電波に左右される

 

 

"検索制度がやや低い"というのはそこまで気にする必要なしです。

 

検索してもたまーに出てこなかったりするレベルなので、全く問題なしです。

 

 

駐車場の空き情報はすごく助かる機能で、駐車場を見つけて『満車や、、、』ということも無くなります。

 

 

Yahoo!カーナビの使い方の完全版の記事はこちらです。

>>『 Yahoo!カーナビ 』の使い方を完全解説【便利機能まとめました】

 

 

Yahoo!カーナビ ダウンロード App Store
 
Yahoo!カーナビ ダウンロード Google Play

 

 

Googleマップ(無料)

 

 

Googleマップはかなり馴染みがあるマップだと思います。

 

 

メリット

・検索の精度が高い

・経由地を10以上選択できる

・交通情報あり

 

デメリット

・直感的に使いにくい

・案内される道が細い時がある

・充電の減りが早い

・電波に左右される

 

 

大手のナビサービスなので便利は便利なのですが、地図アプリとしては優秀だけどナビアプリとしてはYahoo!カーナビには勝てないかなというイメージです。

 

 

これはネットの情報ですが、『めちゃくちゃ細い道を通らされた』という人がいるみたいです。

 

道検索にはかなり優れていますが『車が通りやすいか?』までは検知していない可能性がありますね。

 

 

どちらかというと直感的に使いずらく、個人的にはナビとしては少し使いずらいかなと思います。

 

しかしさすがGoogleという感じで、検索の精度は非常に高く、フワッとした検索をしてもヒットしてくれます。

Googleマップではいちいち住所を入力することはほとんど無さそうです。

 

 

Googleマップ ダウンロード App Store
 
Googleマップ ダウンロード Google Play

 

 

損保ジャパンのカーナビ(無料)

 

 

正式には"ポータブルスマイリングロード"と言います。

 

ナビは後ほど紹介する"ナビタイム"というアプリカーナビの大きな企業のナビとなっています。

 

 

メリット

・基本的に5つのルート提案

・損保ジャパンが保有する事故データで事故多発エリアの500m手前で音声案内される

・損保ジャパンの自動車保険が20%割引

・ガソリンスタンドの価格表示

・経由地を1つ選択できる

・駐車場の空き情報がわかる

・交通情報あり

 

デメリット

・検索の精度がやや低い

・充電の減りが早い

・電波に左右される

 

 

様々な機能があり相当評判も良いです。

 

ただ!メリットの上から5つは『損保ジャパン日本興亜契約者』しか使えない機能となっています。

 

 

とはいっても"無料"の枠に入れたからには理由があります。

 

有料のカーナビアプリは『お金払わなきゃ使えないじゃん、、、』みたいな感じですが、ポータブルスマイリングロードに関しては無料の部分だけでもかなり快適に使えるため"無料"の枠に入れました。

 

 

デメリットの方は、Yahoo!カーナビと同じで検索の精度がやや低いことがあげられます。

 

 

損保ジャパンカーナビ ダウンロード App Store
 
損保ジャパンカーナビ ダウンロード Google Play

 

 

ドライブサポーター(税込400円/月)

 

 

アプリのダウンロード自体にお金はかかりませんが、ナビを利用するとなると毎月400円がかかります。

 

こちらも "ナビタイム"のナビとなっています。

 

 

メリット

・最大7つのルート提案

・曲がる時のレーンガイドや交差点拡大図が出るのでわかりやすい

・全国の渋滞情報がわかる

・経由地を5つ選択できる

・ドラレコ付き

・降雨レーダー付き

・ガソリンスタンドの価格表示

・駐車場の空き情報がわかる

・常に地図が最新

・オービス通知

・ライブカメラ情報

 

デメリット

・データ通信量の消費が激しい

・充電の減りが早い

・電波に左右される

 

 

一応、目的地検索、ガソリンスタンド検索、駐車場検索は無料で使えますがその他の機能は有料となります。

 

世の中無料のものがある中でお金を払うだけあって機能は車載されているカーナビ以上に充実しています。

やはり有料なだけに優良です。

 

 

ドライブサポーター ダウンロード App Store
 
ドライブサポーター ダウンロード Google Play

 

 

カーナビタイム(税込600円/月)

 

 

『カーナビタイム』と『ドライブサポーター』は2つともナビタイムという会社が出しているアプリになります。

 

1つ前の『ドライブサポーター』と姉妹アプリです。

 

 

メリット

・オフライン対応

・最大8つのルート提案

・ボイスコントロール(話しかけるだけで起動)

・車高や車幅を考慮したルート提案

・経由地を8つ選択できる

・未来の渋滞を予測

・降雨レーダー付き

・曲がる時のレーンガイドや交差点拡大図が出るのでわかりやすい

・全国の渋滞情報がわかる

・ドラレコ付き

・ガソリンスタンドの価格表示

・駐車場の空き情報がわかる

・常に地図が最新

・オービス通知

・ライブカメラ情報

 

デメリット

・ちょっと高い

・充電の減りが早い

 

 

『ドライブサポーター』の上位互換にあるのがこの『カーナビタイム』となります。

 

『カーナビタイム』のメリットの上から4つが『ドライブサポーター』にはない機能になっています。

 

あとはほとんど『ドライブサポーター』にもある機能になっています。

 

値段も200円違うだけあってかなり充実した機能がついています。

 

 

カーナビタイム ダウンロード App Store
 
カーナビタイム ダウンロード Google Play

 

 

トラックカーナビ(税込840円/月)

 

 

こちらも"ナビタイム"が出しているトラック専用のカーナビアプリとなっていてダウンロード数も2.1万とかなりのトラックドライバーが利用しています。(ちなみにカーナビタイムは1.1万)

 

 

メリット

・トラックのサイズを登録し、そのサイズが通れる道、駐車場を調べてくれる

 

デメリット

・充電の減りが早い

・電波に左右される

 

 

トラック専用のアプリなので、何個も魅力はありませんがトラックドライバーの方にとってはかなり嬉しい機能なのではないでしょうか。

 

 

トラックカーナビ ダウンロード App Store
 
トラックカーナビ ダウンロード Google Play

 

 

auカーナビ(税込550円/月)

 

 

携帯電話会社として有名なauが出しているカーナビアプリです。

 

 

メリット

・オフライン対応

・3つのルート提案

・降雨レーダー

・目的地の"ジャンル検索"が豊富

・ボイスコントロール(話しかけるだけで起動)

・未来の渋滞を予測

 

デメリット

・動作が重い

・音楽を聞きながら音声案内ができない

・充電の減りが早い

 

 

オフラインにも対応していて使いやすいカーナビアプリです。

 

ただ口コミやらを見ていると『音楽を聴きながら音声案内ができない』などトラブルが多めです。

 

しかしさすが大手なのですぐに修正はしてくれるみたいです。

 

 

auカーナビ ダウンロード App Store
 
auカーナビ ダウンロード Google Play

 

 

NAVIelite(税込490円/月)

 

 

このアプリの会社は世界初の音声案内機能付きナビを開発した会社で、今はトヨタや富士通などのカーナビを供給しています。

 

 

メリット

・オフライン対応

・5つのルート提案

・交通情報あり

・横画面専用なので見やすい

・駐車場の空き情報がわかる

 

デメリット

・動作が重い

・充電の減りが早い

・電波に左右される

 

  すごく目立った機能はありませんが、むしろシンプルで使いやすいカーナビアプリです。

 

ただ少し動作の重さが気になります。

優秀なものなだけに重くなってしまうのはある意味仕方ありませんね。

 

 

NAVIelite ダウンロード App Store
 
NAVIelite ダウンロード Google Play

 

 

カーナビアプリの選び方2つ

 

 

今の世の中、様々なカーナビアプリがあり『どれを選べば良いんだろう。』と思う人はいると思います。

 

 

というわけでカーナビアプリの選び方を紹介していこうと思います。

 

カーナビアプリの選び方は下記の通り。

 

   

・無料か有料か

・自分が何を必要としているか

   

 

この2点です。

 

1つずつ解説していきます。

 

 

無料か有料か

 

まず大前提として無料のカーナビでも不便なく使うことができます。

 

無料のクオリティがかなり上がってきているので、そこら辺は気にしなくても大丈夫です。

 

 

『カーナビにお金をかけたくない!』という人は無料のもので全然良いと思いますし、『お金かけてでもできるだけ良いカーナビが欲しい!』という人は有料のものが良いと思います。

 

 

自分が何を必要としているか

 

カーナビ選択において、カーナビに対して自分が何を求めているかが重要になります。

 

例えば、『駐車場の空き情報が欲しい!』という人は

無料のYahoo!カーナビにもついている機能なのでそれで十分ですし、

 

『オービス通知が欲しい!』という人は無料のカーナビアプリには無いのでカーナビタイムとかが良いですよね。

 

 

自分の欲しい機能を確認した上で選択するのが良いかと思います。

 

 

カーナビアプリの注意点4つ

 

 

『カーナビアプリが良いことは分かったけど、気をつけるべきこととかあるのかな?』

 

 

カーナビアプリの良さだけを伝えていても中々響いてこないと思うので、カーナビアプリの注意点を紹介しようと思います。

 

カーナビアプリの注意点は下記の通り。

 

   

・充電の減りが早い

・目的地を検索しても出ない場合がある

・電波に左右されやすい

・データ通信量を使う

   

 

1つずつ解説していきます。

 

 

充電の減りが早い

 

携帯をナビとして使うのでバッテリーの消費はかなり早いです。

 

恐らく無料のもの、有料のもの関係なくバッテリー消費はされるのでお金を払ったからといって改善されるものではありません。

 

 

シガーソケットで充電器を繋ぐか、予備の充電器を持ち歩くなど充電が無くならないように対策をしなければいけません。

 

 

目的地を検索しても出ない場合がある

 

小さいお店だったりすると検索しても出ない場合があります。

 

また、場所によっては住所検索しても全然違う場所に案内されたりしてしまうことがあります。

 

 

これは実際に僕が経験した事ですが、

僕はYahoo!カーナビを使用していて沖縄に行った時にシュノーケル体験をしようと、シュノーケルのお店の名前を目的地に入力し、 Yahoo!カーナビを利用して行こうとしました。

そしたら全然違う場所に案内されました。

シュノーケルのお店に問い合わせ、住所を入れても全然ダメ。。。

その時は、シュノーケルのお店の人が現地の人だったので僕がいた場所を伝えると分かってくれて電話しながら道案内をしてもらいました。笑

 

 

このようなことが稀に起きるので、出発する前に目的地の場所を確認するようにしましょう。

 

 

電波に左右されやすい

 

所詮携帯なので電波が悪い場所だともちろんカーナビアプリも電波の影響を受けます。

 

車載されているカーナビはカーナビアプリに比べて様々な場所から現在地の情報を取得しているので、電波の影響を受けません。

 

 

カーナビアプリで山の中に入ったりすると急にナビが停止したりするので、気をつける、、、と言っても対策のしようがないですね。

 

 

ただ"オフライン対応"のカーナビアプリは電波に左右されないので、電波が気になるという方はオフライン対応のカーナビアプリをお勧めします。

 

 

データ通信量を使う

 

データ通信量はカーナビアプリを使う上で結構気になるポイントだと思います。

 

 

僕個人的には思ったより『データ通信量は消費しない』と思います。

 

最初はGPSをつけっぱなしで速度制限が来るんじゃないかと不安でしたが、1日(9時間くらい)カーナビアプリを使用して150MBくらいしか使っていませんでした。

アプリにもよると思いますが、大体1時間で10~15MBくらいだと思います。

 

 

 

というわけで、今回はこのへんにしようと思います。

ありがとうございました。

 

カーナビアプリで迷っていた方のお力になれれば幸いです。

それでは素晴らしいカーライフを!!

2件のコメント
  1. ピンバック: レンタカー 会社8社の料金まとめ【安く抑えるコツも紹介】

  2. ピンバック: 『 Yahoo!カーナビ 』の使い方を完全解説【便利機能まとめました】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です