【メンズ】就活のスーツやネクタイの選び方は?NGポイントも徹底解説!

 

僕は22卒で無事内定が決まり、今はほっとしていますが、就活を始めた頃の自分を振り返ってみると、

説明会が近くなってからスーツやネクタイを選び始めたので、かなりアタフタした経験があります。

 

準備を早くしとけ!って話ですけどね。笑

 

 

しかし、スーツやネクタイ選びは自分が思っていたよりも細かい点に注意しなければならず、早く準備をしていてもそれなりに焦っていたかなとも思います。

 

 

そこで今回は、皆さんは迷わないように、メンズの就活用のスーツやネクタイの選び方とスーツやネクタイでのNGポイントを紹介していこうと思います。

 

 

 もくじ

 

 本記事の信憑性

この記事を書いている僕は22卒で有難いことに内定を頂きました。

とはいえ冒頭でも話した通り、僕はスーツやネクタイ選びで焦った経験があるので、そういったことも包み隠さず記事を書いていこうと思います。

 

 この記事を読むと得られること

就活のスーツやネクタイ選びを適切に行うことができ、『就活に自信が無い。。』という方でも、自分が身につけているものがビシッとして、自信を持って就活ができるようになるかなと思います。

 

 

他にも就活関連の記事を書いているので良かったら見てください。

 

 

それではいってみましょう!

 

 

就活のスーツやネクタイの選び方

 

 

就活のスーツやネクタイの選び方は『新卒』か『転職』かで少し状況は変わります。

 

なので『新卒』と『転職』の2つのパターンに分けて解説していきます。

 

 

【新卒】就活のスーツやネクタイの選び方

 

新卒の方は就活が初めてだと思うので『スーツなんてどれを選べば良いんだ…』と悩みますよね。

 

 

新卒の方の就活スーツは

色:黒、紺色
柄:無地

 

こんな感じです。

 

とはいえ、新卒の就活では黒無地がベーシックなので

“黒の無地のスーツ”を選べば、問題なしです。

 

 

 

さて、次はネクタイについてです。

 

新卒の方の就活ネクタイは

色:青色系、えんじ色系、グレー系、黄色系
柄:無地、ストライプ、レジメンタル、チェック、ドット

 

こんな感じです。

 

ネクタイはスーツと違って色や柄の幅は広いです。

 

なぜこんなに多いのかというと、ネクタイは職種や自分の雰囲気などに合わせられるようにと言われています。

 

 

ただこれは絶対条件ではないので、上記の色や柄であれば問題はありませんが、ネクタイの色による職種と印象を少し深堀りしていきます。

 

 

青色系

 

 

職種:金融系、事務職
印象:真面目

 

青色系のネクタイは、金融系、事務職と書いたものの、どの業種業界でも使えるベーシックな色のネクタイです。

 

真面目という印象を持っており、外れることがなく、迷った時に1番おすすめしたいネクタイです。

 

 

えんじ色系

 

 

職種:営業職
印象:情熱的、積極的

 

アメリカの前大統領であるトランプ大統領が赤色のネクタイをつけて演説していたのを見かけた人も多いと思います。

 

そんな感じで、相手に何かアピールしたい時に赤色のネクタイは相性抜群です。

 

 

グレー系

 

 

職種:公務員、金融系、硬めの企業
印象:知的、大人っぽさ

 

グレー系のネクタイは大人っぽい印象が強く、他の色のネクタイに比べるとかしこまっているようなイメージです。

 

 

黄色系

 

 

職種:クリエイティブ系、アパレル系
印象:協調性

 

黄色系のネクタイは、目立てる色なので、グループ面接などに有効です。

 

ただ、業種業界によってはカジュアルすぎると取られる場合があるので、比較的カジュアルで、自由な業種業界の時に選ぶと良いと思います。

 

 

迷ったらとりあえずブルー系です(   ˙-˙   )

 

 

【転職】就活のスーツやネクタイの選び方

 

転職の就活をする場合、社会経験をしてきているということもあり、企業側は即戦力を求めています。

 

なので、新卒で着用する黒無地のようなスーツは、フレッシュな印象を与え、逆効果になることがあります。

 

 

では転職の就活ではどういったスーツを着れば良いかというと下記の通り。

 

色:黒、ネイビー、グレー
柄:ストライプ、無地

 

転職の場合は、新卒とは違い社会人経験があるので、堅苦しい『黒無地』でなくてもOKです。

 

ただ、派手すぎると印象が悪くなる場合があるので、上記の色の中から選ぶようにしましょう。

 

迷ったら黒で良いと思います。

 

 

柄に関しては、転職でも基本的には無地が好まれますが、派手すぎないストライプでもOKです。

 

ただ、派手なストライプと派手ではないストライプの境目がないので、『変にリスクを負いたくない…。』という方は『無地』を選べば問題なしです。

 

 

 

さて次はネクタイについてです。

 

転職の方の就活ネクタイは新卒の就活ネクタイと同じです。

 

色:青色系、えんじ色系、グレー系、黄色系
柄:無地、ストライプ、レジメンタル、チェック、ドット

 

ネクタイの色による職種と印象も新卒の就活と同じで、迷ったら青色系を選べば問題なしです。

 

 

おすすめな就活スーツはこちらから見れます。

>>【評価高め】高コスパでおすすめな人気メンズ就活スーツ7選

 

 

就活のスーツやネクタイでのNGポイントとは?

 

 

就活のスーツやネクタイでのNGポイントも『新卒』と『転職』に分けて解説していきます。

 

 

【新卒】就活のスーツやネクタイでのNGポイント

 

スーツ

・派手な色や柄のスーツはNG
・ストライプや柄物は基本NG
・サイズが合っていないスーツはNG
・透けてる派手な色のインナーはNG

 

ネクタイ

・黒や白はNG
・奇抜な色や柄はNG 
・ブランド物はNG

 

まず、スーツに関しては何となく分かるかなと思います。

 

やっぱり新卒なので初々しさは必要で、アピールも大事ではあるものの、ストライプなども含めて派手な柄物のスーツでのアピールは避けた方が良いです。

 

また、透けてる派手な色のインナーはアウトラインスレスレなので、白のインナーを着て、できるだけ透けないようにしましょう。

 

 

ネクタイに関しては、色の幅は広いものの、冠婚葬祭をイメージさせる黒と白や派手なゴールドや奇抜な柄のネクタイは避けた方が良いです。

 

また、あからさまにブランド物と分かるものは『新卒のくせに偉そうに、、、』と思われることもあるみたいなので、先程書いたように初々しさを意識して、ブランド物のネクタイはできるだけ避けた方が良さそうです。

 

もし、『どうしてもブランド物のネクタイしかない、、、』という方はブランド物でもイヤらしさがない、ワンポイントくらいなら大丈夫かなと思います。

 

 

【転職】就活のスーツやネクタイでのNGポイント

 

スーツ

・派手な色や柄のスーツはNG
・リクルートスーツは基本NG
・サイズが合っていないスーツはNG
・透けてる派手な色のインナーはNG

 

ネクタイ

・黒や白はNG
・奇抜な色や柄はNG 
・ブランド物はNG

 

転職の場合は、初々しさは必要ないので基本的にリクルートスーツは避けた方が良いです。

かといって、派手すぎるスーツはもちろんNGです。

 

 

ネクタイに関しても、新卒と同じような感じで、あからさまなブランドを強調する物は良い印象になることはないので、避けた方が良いです。

 

あとはスーツ、ネクタイ共に新卒の時と変わらず、基礎的なマナーを守ればOKです。

 

 

就活スーツでの実際の僕の失敗談

 

 

冒頭でも話した通り、僕は就活のスーツやネクタイを選ぶ際に、焦った経験があります。

 

皆さんにはこんな失敗はして欲しくないので、僕の失敗談をありのまま話していきたいと思います。

 

これを踏まえて就活に望んでいただけると幸いです。

(普通の人は失敗しないと思うので、『こんなやつもいるんだな〜』という視点で読んでみてください。笑)

 

 

ずばり何を失敗したのかというと下記の通り。

 

・ネクタイを準備し忘れて父親に借りた
・スーツを買った時より太ってサイズがキツキツ
・スーツのシワ
・インナーのことを忘れてた

 

スーツの用意はちゃんとしてました。

 

しかし、スーツを買って満足してしまいネクタイを買うのを忘れ、スーツを早く買いすぎてサイズがきつくなったり、シワができたり、インナーの存在を忘れたり、、、

 

アホですぴえん

 

 

ぶっちゃけこうやって聞くと、『なんだよ、そんなこと忘れないわ。』と思うかもしれませんが、実際に就活中だと、学校の課題があったり、色んな企業にエントリーしたり、面接の練習をしたり、やることが結構あるので忘れてしまうこともあります。

 

僕は完全にやることのタンクが満タンになり、溢れ出た上に、タンクから煙が出ている状態でした。

 

 

なので僕みたいにならないように、皆さんは早めに準備をしつつ、細かいところにもしっかり注意してください。

 

早くやりすぎるだけだと、僕みたいにスーツがピチピチになったり、早く準備をすることでのデメリットが生まれてしまうこともあるので、その辺にも目を向けるようにしたらバッチリだと思います。

 

 

 

というわけで今回はこの辺にしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

4件のコメント
  1. ピンバック: 就活の 面接 で受かる人の特徴6選!面接で意識すべきポイントとは?

  2. ピンバック: 【評価高め】高コスパでおすすめな人気メンズ就活スーツ7選

  3. ピンバック: 【レディース】就活用スーツの選び方は?NGポイントも徹底解説!

  4. ピンバック: 就活の 面接 で受かる人の特徴6選!面接で意識すべきポイントとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です