技術料 は高い?物が壊れた時の技術料を無料にする方法

 

『水道の蛇口が壊れちゃった』

『ベランダの床が剥がれたきた』

 

 

こんな時、業者を呼ぶのがオーソドックスだと思います。

 

だけど

『業者を呼ぶと結構なお金がかかっちゃう。』

と悩む人いますよね。

 

そこで今回は、何かが壊れて業者を呼ぼうかな、でもお金かかるな。という時に 技術料 を無料にする方法を紹介しようと思います。

 

 

結論は

 

自分で直す

 

 

この記事を書いている僕は特に資格を持っていませんが、何か物が壊れた時、ほとんど自分で直します。

 

そんな僕が解説します。

 

それではいってみましょう!

 

 

もくじ

 

 

技術料や工賃はめちゃくちゃ高い

 

 

   

・水道の蛇口が壊れた

・ベランダの床が剥がれてきた

   

こんな時普通は業者を呼びますよね。

 

 

しかし、業者を呼んで直してもらったはいいけど、明細書を見たら

   

・技術料が1万円

・材料費3000円

   

のように、技術料が高いことってよくありますよね。

 

 

『まぁ直してもらったし、そのくらいしても仕方ないな。』

と思う方がほとんどだと思います。

 

ですが実際は、技術料って結構高いんです。

 

ただ一概には言えません。

もちろん中にはお得な技術料や、業者を呼ばなきゃどうにもならないこともあります。

 

 

例えば水道の蛇口が壊れたとして、

 

・技術料が1万円

・技術料が1.5万円

   

正直ここの5000円の差ってイマイチ分からないですよね

1.5万円でも技術料で請求されれば支払う人がほとんどだと思います。

 

 

こんな感じで、素人には技術料の相場がいまいち分かりません。

 

唯一相場がわかる方法は、他社と比べてみる。

 

『しかしどこの会社も少し高く設定していたら、それが相場となる。。。』

そんなことを考えていたら僕はあることに気づきました。

 

それが次の項目です。

 

 

ほとんど自分で直せる

 

 

僕は実家暮らしですが、なにか壊れた時はまず自分で直せるかを確認します。

 

昔実家のベランダの床が剥がれてきてしまったことがあり、その時親は業者の方を呼んでいて、チラッと明細書を見たら技術料が2万円くらいですごく高くて驚きました。

その後自分のスマホで"ベランダの床 剥がれた時"と検索すると、どうやらモルタルがあればできるとの事。

 

直感的には自分でやるのは難しそうでしたが、モルタルを実践している動画を見ると『意外と出来そう』と思いました。

そしてモルタルも市販で1500円位でそんなに高価なものでもなく、業者を呼ぶより確実に安く済むなと思いました。

 

そしてまたベランダの床が剥がれた時、僕はモルタルを買ってきて、親に『俺がやる!』といってかなり嫌がられましたが、直させてもらいました。

YouTubeを見ながら、少しずつ慎重にやり、いざ完成し乾かすと、業者の人レベルとまではいかないものの、かなり綺麗にできたんです。

 

 

僕はその時に技術料はかなり高価だと改めて感じました。

 

こんな感じで、専門性が高く、難しそうな事でもやってみたら案外できることってあります。

 

もちろん専門の人の方が知識もあり、技術力はありますが、今は情報量が増え、ある程度のことは素人でも調べてできてしまうことが多くなりました。

 

なので何かが壊れた時はまず、“自分で直せるか調べる"

 

そこから自分で直すか、業者を呼ぶか決めても遅くは無いです。

 

 

知識にもなる

 

 

自分で調べてそれを実際に行動に移すと自分の知識になり、今後にも生かせるようになります。

 

業者の人がやると難しそうに見えることも、自分でできるならやってみて知識にした方が自分のためになります。

 

そうすると

   

・これは自分で直せる

・これは自分では直せない、業者の人を呼ぼう

   

このような判別もできるようになってきます。

 

 

とりあえず自分で直せるものなのか調べて見て、できるなら行動に移し、知識にして、自分で直せないなら業者の人を呼んで『あ、これは自分ではどうにもならないものなんだ』とそれも知識にしていく。

 

こんな感じで生きれば、知識が自然と増えていきます。

 

 

 

ぜひ、何か壊れた時はとりあえず調べてみてください。

 

大きな節約になるかもです。

終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です