毎日継続可能!自宅でできる簡単 筋トレメニュー

 

「 筋トレしたいけど、何から始めて良いのかわからない。」

「筋トレはしたいけどジムとかは高いな。」

「自宅でできる 筋トレメニュー ないかな?」

 

このような疑問に答えたいと思います。

 

記事の内容

 
・簡単に始められる筋トレ
 
・筋トレはジムに通わなくても良い理由
 
・筋トレの正しいやり方
 

 

筋トレ歴6年、エニタイムに1年程通っていましたが、やめて、今は自宅で筋トレしています。

 

このような僕が解説して行きます。

 

 

簡単に始められる筋トレ

 

 

筋トレというと、複雑なマシンを使ってやるものというイメージがあると思いますが、そんな事をしなくても筋トレは成立します。

 

まず最初は、自宅でできる、腕立てと腹筋から始めましょう。

 

「ええ、そんなのでいいの?」

という人がいると思いますが、

「大丈夫です。」

 

筋トレは最初は、ジムでマシンを使っても、辛すぎてできません。

 

それでは腕立てと腹筋のやり方をみていきましょう。

 

 

腕立て

 

まず肩幅に腕を開いて、床に顎が付くまで下げて、元に戻ります。

それを10回3セットです。

 

 

腹筋

 

仰向けになり、膝を90°に立てて、右手は左の肩を、左手は右の方を持ち、体を起こして、倒してを繰り返します。

背中は床につくかつかないかのギリギリまで下げてください。

それを20回3セットです。

 

 

最初はこんな感じで3ヶ月続けてみてください。

 

3ヶ月続けると、

「このやり方の方が効くかな?」

とか、

「これだとあまり効かないな」

と、筋トレのコツを掴めます。

 

すごく地味ですが、10分もあればできるので、頑張ってやってみてください。

 

 

筋トレはジムに通わなくても良い理由

 

 

まずジムは、結構高いです。

エニタイムは毎月7,000円から9,000円くらいです。
ゴールドジムになると、15,000円くらいします。

 

年間で安くて8万4000円、高くて18万円もジムにお金を使うことになります。

 

すごくもったいないですよね。

 

 実際ダンベルを買って、YouTubeやらサイトでやり方を探せば、家で筋トレをしても細マッチョくらいにはなれます。そして家で続けられない人はジムに行っても絶対に続きません。    

 

よく、

「ジムなら続けられるし。」

と言って、服や靴を新品で揃えて、いざ出陣しても三日坊主になることはザラにあります。

 

なのでまずは、家から筋トレを始めて、

「もっとマッチョになりたい!」

と思うようになったらジムに通うようにしましょう。

 

最初からジムに通うのはナンセンスです。

 

 

筋トレの正しいやり方

 

 

筋トレは、”継続は力なり” です。

 

まずは、自分で

「これは余裕でできるな。」

と思える強度で3ヶ月続けましょう。

 

そしてそれができたら、少し強めたものをまた3ヶ月やります。

 

例にすると、腕立て10回3セットと腹筋20回3セットを3ヶ月できたら、腕立て20回を3セット、腹筋50回3セットをまた3ヶ月。

みたいにちょっとずつ強度を上げていってください。

 

結局、強度を強くしすぎて、

「ああ、辛い。」

となり、

「明日やるのだるいな。」

となってしまったら、何にも意味がありません。

 

筋トレは、小さな数でも長く続ける方が効果的です。

 

周りによく、ジムでゴリゴリやっている人がいて、

「自分はかなり遅れているな」

と思うことがあると思いますが、焦らないで下さい。

 

その人たちも最初は、かなり余裕を持った強度でやっていると思いますし、今も、きつそうに見えて、限界の少し手前でやっている人もいます。

 

 

ちなみに僕は、家でダンベルで筋トレをしています。

上腕二頭筋、三頭筋、胸筋を一日ごとにやり、腹筋100回3セットは毎日やっています。
これは、自分の中で6割くらいの強度でやっています。

 

かなり余裕を持ってやっています。

 

僕も過去に、強度を強めすぎてやりたくなくなってしまったので、ここまで強度を落としてみました。

 

 

最後に

 

筋トレは男ならみんな

「してみようかな。」

と思ったことあると思います。

 

だけど実際にやってみると、きつくてやめてしまう人がいますが、すごくもったいないです。

 

今回紹介した事をやれば結構筋肉がつきます。

 

ぜひ、”続ける”事を意識して筋トレに励んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です