変わりたいなら”きっかけ”を作る【 人生変えたい 人必見】

 

「 人生変えたい けどどうやったら変わるんだろう?」

「どうやったら変われるのかな」

 

こういう疑問に答えたいと思います。

 

記事の内容

 
・変わる時はきっかけがある
 
・変わろうと思っても変われないことはよくある
 
・時間に余裕を作った方が良い
 

 

僕自身今は結構人生が変わったと思います。

昔の僕は、何も継続出来ないし、ゲームすらも続かないくらい飽きっぽい人間でした。

 

今ではブログを1年以上続けていて、今まで続かなかった筋トレも毎日やってます。

あとは結果を出すのみっていうイメージです。

 

このような僕が解説していきます。

 

 

変わる時はきっかけがある

 

 

変わる時は何かをきっかけに、簡単にころっと変わる事が多いです。

具体的な解説をしていきます。

 

 

人間関係で結構変わる

 

僕の場合は、店長が面白くてノリが良くてどちらかというと子供っぽい感じなのに、頭が良くて、色々な考え方を持っていて、ビジネス本を読んでいたりして、

 

「ああ、こういう人でも裏では色々やってるんだな。」

という思考になって、

 

「自分もそうなりたい」

と思うようになり、そこから一気に継続力が身につきました。

 

 

周りに努力している人がいると結構頑張れる

 

店長はそんな努力なんてしているつもりは無いと思いますが、僕からしたら、努力しているように見えたので、勝手にそう思い込んで真似してました。

相乗効果ですね。

 

 

「そんな人に中々出会えない」という人

 

そういう人は、深くまで関わっていないんだと思います。

 

よく話を聞いてみたりすると、

"自分が知らない世界のこと"

を知っていたり、

 

実はこの人が

"副業で20万円稼いでる。"

なんてことはザラにあります。

 

しかしそういう人は、なかなか自分からは言わないので、自分からきっかけを掴むチャンスを掴みに行ってください。

 

 

変わろうと思っても変われないことはよくある

 

 

「よし!今日からは、継続して頑張るぞ!」

と思っても中々続きません。

 

 

人間は影響を受けやすい生き物

 

人間は何かから影響を受けないと動けないことの方が多いです。

逆をいえば、影響を受けると動けるようになります。

 

なので、継続とかも周りの身近な信頼してるような人がやっていないとなかなか出来ないんです。

 

「何やっても変われないな」

「何やっても継続できないな」

という人は、周りの人から影響されるようになりましょう。

 

1つ目の項目で紹介した、きっかけを見つけましょう。

 

 

時間に余裕を作った方が良い

 

 

みなさんは1日に何時間暇がありますか?

 

暇と聞くとあまり良い言葉には聞こえないかもしれませんが、僕は暇はすごく大事な時間だと思っています。

 

何もせず、

「暇だな、することないな」

と思うわけではなく、色々なことを考える時間にしています。

 

 

暇を作ろう

 

単純にみんな忙しすぎます。

 

例えば

朝8時に家を出て、9時に出勤して、17時まで仕事して、帰って18時で、そこから洗濯や掃除、食事などを済ませ、21時。寝るのが23時だとして、21時から23時までの2時間が暇な時間。

 

これが普通だと思うかもしれませんが、暇な時間は、2時間しかありません。(なんならこんなに暇はねぇという人がいると思いますが)

 

 

仕事後の2時間は疲れとかで頭を使えていないことが多い

 

2時間あると、

「いっぱい時間あるじゃん!」

と思うかもしれませんが、仕事後の2時間は睡魔との戦いがあります。

 

そしてかなり疲労して

「明日も仕事か」

と思うと寝ようかなと気持ちが落ち込み頭を使えません。

 

なので、もっと時間に余裕を持たせなければいけないんです。

 

「そんな時間に余裕はない」

という人は、家での掃除や洗濯、食事の所を上手くカットしてください。

 

掃除が大変という人は、掃除をしやすい家具の配置にするとか、洗濯が大変という人は、着る服の枚数を減らすとか、食事が大変という人は、凝らない丼物料理にするなど、ひと工夫加えるだけで、結構時間に余裕が生まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です